CentOSを起動したままパーティションとlvmとfsを拡張

こんばんにちは

仮想マシンでのディスク容量拡張やVPSのスケールアップなどで,システムがブートしているファイルシステムをそのシステム上から拡張したくなることがあります.

以前,Ubuntuで同様のことを記事にしております.

今回は,CentOSでインストール時に標準で選択される論理ボリュームを使用した構成になります.

なお,swapのサイズは変更しません.

続きをどうぞ.

続きを読む

WSL2でカスタムKernelを使う

こんばんにちは

WSL2からネイティブのLinux Kernelが動くようになったのですが,そのおかげでカスタムカーネルを指定して起動することができるようになりました.

現在,Microsoftからは 4.195.4 が提供されているので,今回は5.4をビルドして起動してみます.

続きを読む

WSL2で複数のUbuntuやCentOSを使う

こんばんにちは

うちのWindowsにようやくバージョン2004のビルド19041が降ってきました.

WSL2でCentOSが動かせることを知ったので色々試してみました.というか,Linuxカーネルを使うシステムならほとんど動かせそうですね.

今回はMicrosoft StoreからインストールするUbuntuなどのディストリビューションではなく,直接インポートします.

続きを読む