linux

CentOS7にzshを入れる

こんばんにちは

シェルなんてなんでもよくね?って思っている方も多いかもしれませんが

私はzshを使います。

でもzshrcを凝って設定しているわけでもなく、どっかのテンプレート的なものを少しいじって使っているだけです。

それでも補完機能はとんでもなく使いやすくて便利です。

そんなzshをCentOS7にインストールしていきたいと思います。

 

続きをどうぞ。

続きを読む

【エラー】要求:kernel-devel-uname-r

こんばんにちは

CentOS7をラズパイにインストールしたのですが、

sudo yum groupinstall base "Development Tools"

を実行したら

エラー: パッケージ: systemtap-devel-3.2-8.el7_5.armv7hl (updates)
             要求: kernel-devel-uname-r
 問題を回避するために --skip-broken を用いることができます。
 これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest

って言われたお話です。

続きを読む

RaspberryPi3でCentOS7を使う。

こんばんにちは

ラズパイことRaspberry Piという有名なワンボードコンピュータがあります。

私は基本的にサーバー的用途としてしか使わないのですが、通常はOSとしてRaspbianというものをインストールします。

しかし、実はRaspbian以外にもCentOSやFreeBSDなんかもインストールして使えてしまいます。

ハードウェアピン等の制限があるようですが、サーバー用途に限って言えば電源が入ってLANとかが使えば問題ないので無視します。

そこで、今回はCentOS7をインストールしてみます。

 

続きをどうぞ。

続きを読む

CentOS7でのntpの簡単な設定

こんばんにちは

cronなど時刻を元に稼働するものや、時刻が記録されるログなど、サーバーを運用する上で時刻をできるだけ正確に保つのは大切です。

今回はCentOS7において、ntpを用いて時刻同期の設定をします。

10分もかかりません。

 

続きをどうぞ

続きを読む

bind9.11.3をdockerで動かす

こんばんにちは

今回はDocker上でbindを動かすためのDockerfileとかを作成しましたので、ご紹介したいと思います。

ISCのHPによると記事執筆時点でのCurrent-Stable, ESV(Extended Support Version)が9.11.3で、
そのEOLがDec 2021なので、これを採用します。

イメージのベースにはCentOS7.5のOfficialイメージを用います。
また、opensslをcentos標準のものではなく、最新安定板をソースからビルドしてbindから用いるようビルドします。

続きをどうぞ。

続きを読む